Post-IT-thumbnail

ベトナムにおけるIT産業の繁栄

Business / カテゴリーなし

ベトナムにおけるIT産業の繁栄

情報通信技術(ICT)は、世界水準の通信インフラに支えられ、ベトナムでは急成長している分野である。

2018年のICT収入は約1,000億米ドルに達し、2017年と比較して8%の増加を記録した。ソフトウェア輸出収入は、前年比11.6%増の35億米ドルに達すると推定される。

ベトナムのデジタル経済、スマートシティ、スタートアップの計画により、同国のIT産業は活発な収益成長を記録し続けている。

海外投資

個人投資家、特に外国人投資家からのベトナムのIT産業への資本流入が増加していることは、同産業が拡大するための「黄金の機会」とみなされていると、公式プレスリリースが指摘している。

ホーチミン市投資貿易促進センターのディレクターは、2019年のe-Economy Southeast Asiaレポートによると、インターネット経済の成長率が40%で東南アジアをリードしていることから、IT産業は投資家にとって魅力的であると述べている。

ベトナムは、ハードウェアの製造に重点を置いていた大手グローバルテクノロジー企業の投資から、ソフトウェアやより多くのアプリケーションベースのサービスの開発へと成長している。

このような海外からの資金は、ベトナムにとって非常に重要であり、特に、ローカルでありながら世界レベルのICT産業を発展させるために不可欠な知識の移転やグローバルなベストプラクティスの導入に役立っている。

強く成長しているデジタル経済の下で、特に新技術に基づいた製品やサービスを提供したいと考える投資家に大きなチャンスが開かれている。

ハノイ政府とホーチミン市政府は、スマートシティ構築のためのプロジェクトを全国に展開し、革新的なスタートアッププログラムを推進し、ホーチミン市を地域および国際的な金融ハブにするためのプロジェクトを実施している。

経済成長

ベトナムのデジタル経済は成長を続けており、その商品総額は同国のGDPの4%を占め、東南アジアのどの国よりも高くなっている。

 IT部門は、ベトナム経済の成長と変革の原動力であり続け、特にインダストリー4.0の進化を実現することで、今後数十年の間、地域での強い競争力を確保することができると予測されている。

さらに、ベトナムでは2019年に3,000社のスタートアップ企業が誕生し、東南アジア諸国の中で3位となった。昨年、ベトナムレポートが国内で最も収益性の高い500社を調査したところ、ほとんどのビジネス関係者は、テクノロジーが投資を呼び込むリーダーであり続けると予想している。

 シティ・モメンタム・インデックスによると、ハノイとホーチミンは今年、世界で最もダイナミックな10都市に入っている。

最後に

ベトナムのイノベーションも絶えず増加しており、今後5~10年はこの傾向が続くと予測されている。Asia Internet Coalitionのマネージングディレクターは、「ベトナムはいくつかの分野において、この地域で最も魅力的な投資市場のひとつに成長していますが、その中でもIT産業とデジタル経済は最も有望です」と述べている。

この国の首都で、Techvifyのヤングとクリエイティブの献身的なチームは、信頼できる最高品質のソリューションをお客様に提供するために、常に知識の習得と能力の向上に努めます。

弊社の成功につながる一流のサービスを受けるために私達に連絡してください。